スキンケアの基本は洗顔から♪美肌を作る正しいスキンケア方法や、人気の洗顔石鹸、クレンジング、美容液他基礎化粧品アイテムを紹介します。

正しいスキンケアの基本

スキンケアを正しく行うためには、そのスキンケアの目的に合わせた順番に沿って使う必要があります。^^

間違った順序で使うと、肌を老けさせる可能性もあると言われています。

 

1.クレンジング(夜のみ)

メイクや汚れをきっちりと落とします。メイクをしていない場合には、軽くすればよい。

 

2.洗顔(朝・夜)

毛穴の中の汚れも取ります。

※朝は洗顔はしないで良いと言われる方もいらっしゃいますが、汚れや皮脂を軽く落とすことはした方が良いでしょう。

 

3.化粧水(朝・夜)

角質層に潤いを与えて、クリームや美容液の浸透を助けます。

 

4.美容液(朝・夜)

肌に合わせたピンポイントケアです。肌へ栄養を与えます。

 

5.乳液(朝・夜)

角質層に潤いを与え、肌の調子を整えます。

 

6.クリーム(朝・夜)

美容液や乳液を守ります。

 

美容液や、乳液、クリームなどは、朝は必要な場合に応じて使用するようにしてください。

また、夜の場合にも、肌の調子を見ながら使うようにしたら良いと思います♪

 

泡洗顔

スキンケアの基本は『洗顔』ですが、その洗顔の基本は『泡洗顔』ですよね^^

洗いすぎず、汚れをしっかりと取るには泡洗顔が欠かせません。

最近では、泡を立てやすいように泡ネットやスポンジもさまざまなものが売られていますよね。

ネットやスポンジで十分に洗顔料を泡立て、Tゾーンを中心にやさしく洗いましょう!

洗顔料は、細かく泡立てた泡を肌にのせるだけでも汚れを落としますからこすりすぎに注意しないといけないようです。

特に、頬のこすりすぎや、念入りにしすぎてこすらないようにしましょう!

こすりすぎは乾燥や肌を傷めます。

 

洗顔料をすすぐ時にもこすらないように、ぬるめのお湯を顔にかけるように濯ぐのがコツです。

また、熱いお湯だと皮脂を取りすぎてしまうので、『ぬるめ』が鉄則です!

 

洗い上がりの目安すは、指で触って「キュッ」というくらいの洗い上がりならしっかりと洗えているようです。

最後に洗い上がりには、柔らかいタオルで顔を押さえるようにして水気を取り、すぐに化粧水で保湿ケアをしましょう!

 

間違ったクレンジング法ということで書いて来ましたが、最後に、『正しいクレンジング法

 

◎正しいクレンジングの順番

1.Tゾーンを落とす

・適量のクレンジング剤を額~鼻にのせて、指の腹でなじませる。

 ↓

2.Uゾーンを落とす

・頬~顎にかけてメイク落しを伸ばし、指の腹で優しくなじませる。

 ↓

3.目元・口元を落とす

・目もと、口もとにメイク落しをのばし、やさしく素早くなじませる。

 ↓

4.ぬるま湯でさっと流し、60秒で完了

 

◎注意!

・念入りにこすりすぎたり、時間をかけすぎたりすると、肌の角質層をいためて、肌荒れ、シミ、しわなど老化の原因になります。^^;

・クレンジングの後に洗顔をしますので、メイクの6割程度が落ちていればいいらしい。神経質に完璧に化粧を落とす必要は無い。

・ポイントメイクが肌に残るのが気になる人もいるようですが、肌に浸透することはないので心配しないで。※落ちにくいマスカラや口紅には、コットンにオリーブオイルを含ませ、クレンジングの前に目もとや口元に1分くらいのせてやさしく拭き取ると良いみたい♪ 

いつかそのうち書こうと思った間違ったクレンジング法ですが、忘れないうちにすぐに書いておきます。^^

 

この前参考にした雑誌に書かれてあったのは、クレンジングで気をつけないといけないことは、

こすりすぎ

落としすぎ

肌に合うか

という3つのポイントでした。

 

クレンジングは、一日のメイクをきれいに落とすことが目的なので丁寧にした方がいいけど、長時間すると肌に負担をかけるし、良く落ちればいいってわけでもないのです。

 

こすりすぎると・・・

⇒しみや黒ずみの原因に

こする・ふき取るなどの刺激は肌への負担となり、しみや色素沈着を招く

【対策】

・鏡を見ながら丁寧に落ち具合を確認しながらクレンジングする。

※落とし残しも防げる。

・適量のクレンジング剤を使う。

※量は少なすぎても、多すぎてもこすりすぎにつながる。

・クレンジング後、タオルでゴシゴシ拭くのもダメ。

・指先を使うとどうしても力が入りすぎてこすりすぎてしまうので、指の腹を使って優しくクレンジングしてください。

 

落としすぎると・・・

⇒肌を乾燥させる

【対策】

・クレンジングは40秒~1分以内を目安に。

※ダブル洗顔するならクレンジングの段階で6割程度落ちていればいい。2度とも完璧にお化粧を落とすと肌を傷める。メイクが多少残っても、皮脂の分泌で毛穴の汚れはいずれ浮き上がってくるので、神経質になりすぎないように。

・ノーメイクの日にはクレンジングする必要なし。

※ファンデーションによってはクレンジングが必要ないファンデもあるので、できるだけ肌を傷めない為にも、そういうファンデを使用した日はクレンジングを使う必要は無い。

・すすぎは水かぬるま湯で。

※熱めのお湯だと汚れが落ちそうですが、肌への負担になり、肌本来の保湿因子まで落としてしまうので、気をつけてください。

 

メイクタイプや肌に合うクレンジング剤を使いましょう!

【対策】

・ファンデーションにパウダーを使ったのか、リキッドなのか、また、季節によってメイクタイプを変えている方は、お化粧の濃さに合わせてクレンジングも変えましょう。

・ポイントメイクの濃い方は、ポイントメイクを落とす際、専用のリムーバーを使うと思いますが、その時、コットンや麺棒などでこすったりすると黒ずみになりかねないので、優しく落とすように気をつけて。

※落ちやすいマスカラなどを選ぶと良いみたいです。

 

クレンジング剤は、肌に合うのか、流行や値段などで決めるのではなく、使った後の肌の状態を見て判断するように心がけましょう!^^

※敏感肌の方は医師の診察や指導でクレンジング剤を選ぶようにしてくださいね。 

スキンケアって、洗顔クレンジングだと言いますよね。^^

特にクレンジングって、間違っていると肌トラブルの原因になりかねません。

 

お化粧をきれいに落とすことがクレンジングだからって、落としすぎてませんか

お手入れするつもりが、力が入りすぎて、クレンジングでこすりすぎてませんか

このクレンジングがよく落ちる!と評判だからって、

自分のメイクタイプや肌に合わないクレンジング剤を使ってませんか

 

特にこの3つが美容専門家の方などが言われる点ですよね。^^

メイクが良く落ちれば落ちるほど良いというものでもないわけです。

 

いつかクレンジングの基礎知識として詳しく書いてみようと思います♪

(忘れないようにしなければ・・)

 

はじめまして!

スキンケアに関する情報や商品などを紹介します。^^

美肌を目指して♪