ツボ療法とつぼ指圧のブログ記事

本当は、肉食グッズの続きを紹介しようと思っていたんですが、突然、ちょっと下痢気味になってしまい、「そういえば、下痢の時に効果的なツボってあるのかな?」と思って、調べてみたので、紹介します。^^

 

参考にしたのは、佐藤正子さんという東洋医学の鍼灸師とかやっている方の書かれた雑誌より。

佐藤正子さん著のツボ指圧に関する本

 

◎水っぽい便が続くとき

ツボの名前は:水分

・指を使います。

ツボはおへそから親指の幅1本分上に上がったところにあります。

指で押さえて上下に動かすと、下腹部にずーんという痛みをかじるはず。

人差し指で体の中心に向かって押します。

【補足】

東洋医学では、下痢は体内の毒を早く追い出そうとしている状態と考えるそうです。

無理に我慢せず、出してしまいましょう!

でも、脱水症状を起こさないようにぬるめの白湯で水分補給をして、ツボの「水分」を中心に、腹巻やホットパックでお腹を温めるようにするのも大切です。

 

何故、突然下痢になったのか、全然分からないんですが、今のところ、おさまりました。

ツボをおさえる前にはおさまったので、何だったのか分かりませんが、勉強になりました。^^

ちょっとしたことだけど、指でおさえたりするだけで状態が良くなるってことを知っていることはいいことだ♪

 

佐藤正子さん著のツボ指圧やツボ療法に関する本

今日はちょっと健康的なことで、これから少しずつツボについて紹介したいと思います。

何となく東洋医学的なこととか、自然療法とか、そんなのが好きになりつつありますが、一応、調べたことは紹介したいと思います。^^

 

ツボって知っていると思いますが、体全身にいろんなつぼがあるですよね。

それを知っているだけで、風邪や、頭痛、疲れ目、肩こり、腰痛、胃腸の不調、便秘、下痢なんか少し解消されるんですよね。^^

 

ツボって体のどこにあるの?

・・・って思うと思うけど、つぼは目には見えないけど、東洋医学では、人間の体には経絡というエネルギーの流れる道があると考えられていて、体の中には14の経絡があり、365ものツボがあると言われているらしいです。

 

何故、ツボを押すと症状が楽になったりするの?

ツボがあるのは、経絡の要所で、エネルギーの流れているポイントとなるツボを押すことで、流れがスムーズになるので、血行が良くなり、自律神経の働きが整い、体が活性化されるみたいです。

それで、痛みが和らいだり、病気への抵抗力が高まったりするんだそうです。

 

またいつか、ツボの押し方とか、一つ一つ症状のツボと押し方のポイントなどや、ツボグッズなんかも紹介しますね。^^

 

[参考資料] 

佐藤正子さん著のツボ指圧やツボ療法に関する本

 

[関連記事] 

下痢の時に効果的なツボはどこ?

プロフィール

私の愛用品♪

ダイエット実践中