スキンケアの基本は洗顔から♪美肌を作る正しいスキンケア方法や、人気の洗顔石鹸、クレンジング、美容液他基礎化粧品アイテムを紹介します。

しみ・美白

老人性色素班は、くっきりとした丸いシミで、日光性色素班とも呼ばれ、一般的に一番多いタイプのしみです。

今日は、この『老人性色素班』、または、『日光性色素班』と呼ばれるしみについての原因、予防、対策などについて紹介します。^^

 

◎老人性色素班の原因

【紫外線】

紫外線によって表皮細胞やメラノサイトの遺伝子に傷がつき、過剰にメラニン色素が作られ、ターンオーバー(肌の代謝)による排出が追いつかないのが原因。

 

◎老人性色素班って、どんなしみ?その特徴

輪郭のくっきりした、黒か茶色のしみ。

触れた時、特に盛り上がりは感じられない。

年齢と共に新たに出来たり、黒くなったりする。

頬や頬骨、こめかみに丸くできる。

 

◎対策

原因である紫外線を防ぎながら、新しいしみが出来るのを防ぐ。

出来てしまったしみも、早めの対策で薄くできる可能性大。

 

◎効果的な成分や治療法

メラニン合成を抑えると同時にターンオーバーを促す「Lシステイン」を飲むのが効果的。

メラニン生成を防ぐ「カモミラET」、「ナーシサスエキス」、「ルシノール」、「4MSK」という美白成分も効果的。

 

毎日の美白ケアとして、ビタミンC誘導体、カモミラET、または、甘草エキス配合の化粧品などを使い、週に1回ビタミンCのイオン導入などが良いようです。^^

あとは、ピーリング(週1~2回程度)なんかもいいですね☆

 

完成された老人性色素班は美白化粧品では治りにくいようです。

進行すると、皮膚がイボのように盛り上がることもあるようです。

 

◎ポイント

紫外線をしっかり防ぐ。

美白コスメと、代謝アップのサプリを服用する。

レーザー治療も向いています。

 

この老人性色素班も、常に予防し、早く対処すれば薄くなったりするようですね。^^

ほっておいて、完成されてしまったシミは治りにくいみたいですので、普段の紫外線対策は必須ですね☆

 

[しみ・肝斑用 一押しスキンケア] 国際特許のバイオ化粧品 b-glen

 

ビーグレン

 

[関連記事]

肝斑(かんぱん)

お肌の悩みで一番多いのが「しみ」らしいんですけど、どうですか?^^

確かに私の友達の中でも、自分自身でも、しみかな~?と思います。

多分、もう少し年齢が進むと、「しわ」になるんでしょうね・・・。^^;

 

それで、夏も近いことだし(というか、もう初夏ですけど)、シミ対策として、まずは、しみといっても、数種類タイプもありますから、しみの種類とか、しみを作らない予防法や対策、治療法なんかを書いていこうと思います。

また、それぞれに原因も違うので、間違ったケアをすると余計にひどくなるケースがありますから、まずは、自分のしみのタイプを知り、対策を打ちましょう!

 

今日は、「肝斑(かんぱん)」

 

◎肝斑(かんぱん)の原因

【女性ホルモンの乱れ】

ホルモンのバランスが崩れるために出来る。

 

◎特徴

女性のみに出来、境界がはっきりしないモヤモヤしたシミ。

頬に出来る場合には、左右対称にできやすい。

 

◎対策

妊娠中や、生理前などは意識して紫外線対策をしましょう!

濃くなる前なら、コスメケアも有効☆

 

◎効果的な成分や治療法

トラネキサム酸、ビタミンCの内服薬、ピーリング、マグノリグナンやエラグ酸、m-トラネキサム酸配合の美白化粧品

※レーザー治療は効かないらしいです。

 

◎ポイント

紫外線A波をしっかりカットする。

お手入れ時に、とにかくこすらない。

 

ということで、肝斑(かんぱん)の予防や対策のポイントなどを紹介しましたが、肝斑の特徴として、薄いものなら消せそうなので、早めの対処が必要ですね。

トラネキサム酸配合のスキンケアもそうですが、飲み薬などサプリメントを服用することで、炎症が治まり、薄くなることもあるようです。^^

 

[しみ・肝斑用 一押しスキンケア] 国際特許のバイオ化粧品 b-glen

 

ビーグレン

 

[関連記事]

老人性色素班(丸いシミ)

新陳代謝アップに抜群の効果を発揮するのは何と言っても『マッサージ

乳液を使いながらすれば、肌に負担をかけることなく肌なじみもよくなります。

しみが現れている部分には特に念入りに優しくマッサージしてください。^^

簡単なので、時間のある時にはやってみたらいいですよ♪

 

美白マッサージ法】※使用乳液は美白効果のある乳液が良いと思います。

1.多めの乳液を手の平に取り、指先でくるくると混ぜながら肌と同じ温度に温めます。

2.しみのできやすい頬全体には、顔の中心から外側に向かって大きな円を描きながら、目の周りは薬指で力を入れずに小さな円を描きながら、目尻から目頭を通って下から上に1周します。

3.乳液がなじんてきたら、最後に手の平で顔全体を数秒間包み込みます。

※目の周りはデリケートなので、優しく。

 

そう言えば、数年前に流行った田中ゆくこさんの造顔マッサージでもクリームを使ってマッサージしていましたよね。

それは、クリームを沢山使うので、安いものでもOKでしたよね。^^

私はポンズのクリームを買ってやってましたが、結構効果的でした♪

 

[しみ・肝斑用 一押しスキンケア] 国際特許のバイオ化粧品 b-glen

 

ビーグレン

 

最近、寒いし乾燥するから、冬って、美白というよりも、どちらかというと乾燥対策になりがちですよね。

もちろん、乾燥対策も必要なのですが、紫外線の少ない時期である冬に美白ケアをする方が紫外線のダメージも少ないし、美白ケアに集中しやすい季節なのです。^^

 

理由としては、

・夏浴びた紫外線のダメージが、冬にしみやくすみとなって現れる。

・気温の低下によって、新陳代謝が下がるので、ターンオーバーが遅れ、シミが定着してしまう可能性が高い。

・空気が乾燥するので肌の潤いが奪われ、ターンオーバーが滞り、肌もくすみがちになる。

 

基本的に紫外線の量の多い月は、3月~9月なので、10月~2月が美白のチャンス!ということになります。

是非、今の時期、美白ケア集中してみてくださいね。^^

そして、透き通るような白肌ゲットを目指しましょう!

 

[しみ・肝斑用 一押しスキンケア] 国際特許のバイオ化粧品 b-glen

 

ビーグレン