スキンケアの基本は洗顔から♪美肌を作る正しいスキンケア方法や、人気の洗顔石鹸、クレンジング、美容液他基礎化粧品アイテムを紹介します。

老人性色素班(丸いシミ)の予防、対策、治療法

老人性色素班は、くっきりとした丸いシミで、日光性色素班とも呼ばれ、一般的に一番多いタイプのしみです。

今日は、この『老人性色素班』、または、『日光性色素班』と呼ばれるしみについての原因、予防、対策などについて紹介します。^^

 

◎老人性色素班の原因

【紫外線】

紫外線によって表皮細胞やメラノサイトの遺伝子に傷がつき、過剰にメラニン色素が作られ、ターンオーバー(肌の代謝)による排出が追いつかないのが原因。

 

◎老人性色素班って、どんなしみ?その特徴

輪郭のくっきりした、黒か茶色のしみ。

触れた時、特に盛り上がりは感じられない。

年齢と共に新たに出来たり、黒くなったりする。

頬や頬骨、こめかみに丸くできる。

 

◎対策

原因である紫外線を防ぎながら、新しいしみが出来るのを防ぐ。

出来てしまったしみも、早めの対策で薄くできる可能性大。

 

◎効果的な成分や治療法

メラニン合成を抑えると同時にターンオーバーを促す「Lシステイン」を飲むのが効果的。

メラニン生成を防ぐ「カモミラET」、「ナーシサスエキス」、「ルシノール」、「4MSK」という美白成分も効果的。

 

毎日の美白ケアとして、ビタミンC誘導体、カモミラET、または、甘草エキス配合の化粧品などを使い、週に1回ビタミンCのイオン導入などが良いようです。^^

あとは、ピーリング(週1~2回程度)なんかもいいですね☆

 

完成された老人性色素班は美白化粧品では治りにくいようです。

進行すると、皮膚がイボのように盛り上がることもあるようです。

 

◎ポイント

紫外線をしっかり防ぐ。

美白コスメと、代謝アップのサプリを服用する。

レーザー治療も向いています。

 

この老人性色素班も、常に予防し、早く対処すれば薄くなったりするようですね。^^

ほっておいて、完成されてしまったシミは治りにくいみたいですので、普段の紫外線対策は必須ですね☆

 

[しみ・肝斑用 一押しスキンケア] 国際特許のバイオ化粧品 b-glen

 

ビーグレン

 

[関連記事]

肝斑(かんぱん)