スキンケアの基本は洗顔から♪美肌を作る正しいスキンケア方法や、人気の洗顔石鹸、クレンジング、美容液他基礎化粧品アイテムを紹介します。

美肌を作る基本食材で肌トラブルを防ごう!

今日は、ちょっと食材に関して。^^

 

◎しみ・そばかす・美白に効果的な成分ビタミンC

(アセロラ、レモン、ライム、オレンジ、グレープフルーツ、柿、キウイフルーツ、トマト、グァバ、パパイヤ、ブロッコリー、芽キャベツ、ブラックベリー、イチゴ、カリフラワー、ほうれん草、マスクメロン、ブルーベリー、パセリ、じゃがいも、サツマイモ 他)

 

◎老化防止:ビタミンA

(ブロッコリー、ほうれん草、うなぎ、レバー、卵、牛乳 他)
※妊婦のビタミンA摂取量は、上限許容量が5000IUとされているので、極度の摂取は控えるように。

 

◎酸化防止ビタミンE

(大豆、アーモンド、小麦胚芽、マーガリン、植物油、アボカド 他)

 

◎お肌のうるおいやハリに効果的な成分コラーゲン

(鶏の手羽先、牛筋、ふかひれ、豚足、ゼリー 他)

 

◎肌の活性化ムチン

(納豆、里芋、山芋、おくらなどのねばねば成分)

 

また、女性は冷え性の方が多いと思いますが、体を温める食材と、冷やす食材がありますので、日々の体調や、各自の体に合わせてその日の食材を選ぶようにしてみてください(^^♪

 

◎代表的な温め食材

根菜

かぼちゃ

ねぎ

しょうが

鶏肉

 

◎体を冷やす食材

トマト

なす

きゅうり

レタス

柑橘類

 

美肌への強い見方!100万袋売れた噂のぷる肌サプリすっぽん小町

 

【追記】

あるある大辞典の本を何気に読んでいたら、ビタミンの働きについて書かれている箇所がありましたので、そこも合わせて自分用のメモ代わりに載せておきます。^^

 

ビタミンA:(乾燥肌に良い)

・皮膚や粘膜の新陳代謝を促し、健康に保つ。

・最近への抵抗力を増し、風邪などの感染症にかかりにくくする。

・ガンを抑制する。

 

ビタミンB2(リボフラビン):(ニキビ肌に良い)

・糖質の代謝を促進し、健康な皮膚や髪を作る。

・体内て過酸化脂質を分解し、さまざまな成人病を予防する。

・皮膚や構内の粘膜の発育を助け、保護する。

 

ビタミンB6:(にきび肌に良い)

・タンパク質や脂質の代謝に関わり、健康な皮膚や髪を作る。

・免疫機能を正常に維持する。

・抗アレルギー作用、解毒作用がある。

 

ビタミンC:(しみ・そばかすに良い)

・細胞の結合組織であるコラーゲンの合成に働き、血管や皮膚を強くする。

・しみのもとであるメラニン色素の生成を抑える。

・抗酸化作用、抗ガン作用、抗ウィルス作用、解毒作用がある。

 

ビタミンE:(シミ・そばかすに良い)

・過酸化脂質を分解し、細胞膜、生体膜を活性酸素から守る⇒老化防止

・毛細血管の血行を良くする。

・肌の新陳代謝を促す。