スキンケアの基本は洗顔から♪美肌を作る正しいスキンケア方法や、人気の洗顔石鹸、クレンジング、美容液他基礎化粧品アイテムを紹介します。

間違ったクレンジング法が肌トラブルの原因に

いつかそのうち書こうと思った間違ったクレンジング法ですが、忘れないうちにすぐに書いておきます。^^

 

この前参考にした雑誌に書かれてあったのは、クレンジングで気をつけないといけないことは、

こすりすぎ

落としすぎ

肌に合うか

という3つのポイントでした。

 

クレンジングは、一日のメイクをきれいに落とすことが目的なので丁寧にした方がいいけど、長時間すると肌に負担をかけるし、良く落ちればいいってわけでもないのです。

 

こすりすぎると・・・

⇒しみや黒ずみの原因に

こする・ふき取るなどの刺激は肌への負担となり、しみや色素沈着を招く

【対策】

・鏡を見ながら丁寧に落ち具合を確認しながらクレンジングする。

※落とし残しも防げる。

・適量のクレンジング剤を使う。

※量は少なすぎても、多すぎてもこすりすぎにつながる。

・クレンジング後、タオルでゴシゴシ拭くのもダメ。

・指先を使うとどうしても力が入りすぎてこすりすぎてしまうので、指の腹を使って優しくクレンジングしてください。

 

落としすぎると・・・

⇒肌を乾燥させる

【対策】

・クレンジングは40秒~1分以内を目安に。

※ダブル洗顔するならクレンジングの段階で6割程度落ちていればいい。2度とも完璧にお化粧を落とすと肌を傷める。メイクが多少残っても、皮脂の分泌で毛穴の汚れはいずれ浮き上がってくるので、神経質になりすぎないように。

・ノーメイクの日にはクレンジングする必要なし。

※ファンデーションによってはクレンジングが必要ないファンデもあるので、できるだけ肌を傷めない為にも、そういうファンデを使用した日はクレンジングを使う必要は無い。

・すすぎは水かぬるま湯で。

※熱めのお湯だと汚れが落ちそうですが、肌への負担になり、肌本来の保湿因子まで落としてしまうので、気をつけてください。

 

メイクタイプや肌に合うクレンジング剤を使いましょう!

【対策】

・ファンデーションにパウダーを使ったのか、リキッドなのか、また、季節によってメイクタイプを変えている方は、お化粧の濃さに合わせてクレンジングも変えましょう。

・ポイントメイクの濃い方は、ポイントメイクを落とす際、専用のリムーバーを使うと思いますが、その時、コットンや麺棒などでこすったりすると黒ずみになりかねないので、優しく落とすように気をつけて。

※落ちやすいマスカラなどを選ぶと良いみたいです。

 

クレンジング剤は、肌に合うのか、流行や値段などで決めるのではなく、使った後の肌の状態を見て判断するように心がけましょう!^^

※敏感肌の方は医師の診察や指導でクレンジング剤を選ぶようにしてくださいね。