スキンケアの基本は洗顔から♪美肌を作る正しいスキンケア方法や、人気の洗顔石鹸、クレンジング、美容液他基礎化粧品アイテムを紹介します。

肌に良いとされる豆乳の成分

数日前に豆乳ヨーグルトパックに関する記事を書きましたが、大豆や豆乳ってすごいんだな~と、豆乳の美肌成分について調べてみましたよ。^^


その前に、大豆に含まれているイソフラボンは、『女性ホルモンの働きをマイルドに助けてくれる』という作用があります。

つまり、女性らしい肌の状態を保つ作用や、髪の毛をしっとりとさせたり、更年期障害からも体を守ってくれるのです★

最近では、昔ほど大豆商品を食べる人が少なくなっているようですが、それでも、大豆を食べる習慣があるので、更年期障害も、欧米の女性よりも軽いと言われているようです。^^

また、すごいのは、女性ホルモンの働きをマイルドに・・とありますが、これは、女性ホルモンの働きが過剰な場合には、それを抑えるように働くらしいんです!!

なので、女性ホルモンの過剰が誘因とされる乳がんの予防にも役立つと言われているのです。^^


と、イソフラボンについて書いてみましたが、大豆を摂取するのって、味噌や、納豆、豆腐などから摂取が簡単ですが、豆乳として飲むのも簡単ですよね。^^

最近では、飲みやすい豆乳飲料で、しみ込む豆乳飲料なども人気がありますし♪

で、飲みやすければ何でもよいというわけではないし、豆乳の種類を書いておきますね。

・成分無調整の豆乳(大豆固形成分8%以上)
・飲みやすく糖分を加えている「調整豆乳」(大豆固形分6%以上)
・果汁やコーヒーなどで味付けした「豆乳飲料」(果汁入り大豆固形分2%以上)

ちなみに、前回紹介したようなパックなどお肌につける豆乳は、成分無調整の良質な豆乳を選ぶようにしてくださいね。^^
※あらかじめのパッチテストもお忘れなく♪


最後に、豆乳の成分で、肌に良いとされるものをまとめてみます。

◎イソフラボン
大豆の胚芽に含まれるポリフェノールの1種で、女性ホルモンに似た構造を持ち、女性らしいきめ細かい肌を保つ作用があります。

◎ビタミンE
肌を老化させる活性酸素や脂肪の過酸化を防ぎ、細胞膜を強化するなど、肌の健康を保つのに必須の成分であり、血行を良くし、美肌づくりや肩こりにも効果があるようです。

◎ミネラル
大豆には、カリウムやマグネシウム、亜鉛など、皮膚の酸素の働きを活発にさせ、皮膚の新陳代謝を促進させるミネラル類が吸収されやすい形で豊富に含まれている。

◎サポニン
大豆サポニンは、脂肪の著積を防ぎ、廊下の原因になる脂肪酸の酸化を防止し、活性酸素の作用を抑えるほか、血液中のコレステロールを低下させる働きがあります。

◎植物性脂肪
豆乳に含まれている脂肪は、不足すると皮膚症状や頭痛、関節のむくみや不妊などのトラブルを起こすといわれる必須脂肪酸にリノール酸やリノレン酸がたっぷり含まれています。


豆乳のイソフラボン効果を美容・健康・ダイエットに! : 豆乳のイソフラボン効果を美容・健康・ダイエットに生かしましょう!豆乳やイソフラボンについての情報サイト★